プラスとマイナス。法律は相続争いに終止符を

遺産と聞くとプラスでお金がもらえるというイメージが強いのですが、財産には正の財産だけではなく、負の財産も存在します。つまり借金も相続財産になってしまうのです。亡くなった家族が内緒で借金をしていた場合は、相続人が遺産を分配して相続することになるので、借金も相続人が引きうけることになってしまうのです。相続には相続放棄、限定承認、単純承認という3つの選択をすることができます。相続放棄の場合には借金は引き継がれることはなく、限定承認は正の財産で借金を返せば残りの財産を受け取ることができるでしょう。また単純承認は全額の借金を引き継ぐことになります。相続放棄をする場合には、すべての相続財産を放棄することになりますので、被相続人の死亡がわかってから3か月以内に家庭裁判所へ申し出を行わなければなりません。遺産相続の体験談でも多いのが、相続放棄の手続きを忘れてしまうケースです。きちんと申告をしておかなければなりませんので、手続きに関しては弁護士や税理士に相談するとよいでしょう。

遺産相続を円満に終わらせるためにはプロの専門家に頼むこと

ネットなどには数多くの遺産相続トラブル体験談が掲載されています。遺産相続を円満に終わらせることができる人がいる一方、泥沼化するケースも非常に多いため、できるだけ穏便に遺産相続を決めたいと思う人は多いでしょう。土地、建物、預貯金などの財産を相続する場合、家庭では大きな金額が動く可能性があります。巨大な財産を動かすと、様々なトラブルが起こりやすくなります。未然にトラブルを回避するためには、弁護士や税理士の先生などプロの専門家にきちんと相談することがおすすめです。弁護士や税理士に相談すれば有効なアプローチの仕方もわかりますし、トラブルを回避できるでしょう。遺産相続で困ったときに、どこの弁護士事務所や税理士事務所を訪れればよいのかいまいちわからない人も多いでしょう。そのような場合には、簡単に検索をすることができる日本法規情報のサイトなどを利用すると、効率よく弁護士や税理士探しができるでしょう。遺産相続の相談の内容によっては弁護士ではなくても、司法書士などの資格でも行うことができます。弁護士よりも税理士や行政書士の方が費用的には安くコストパフォーマンスに優れているでしょう。

亡くなった後に認知している子供が発覚

遺産相続トラブルは思わぬところで発生することがあります。今回は寝耳の水の出来事だったBさんの遺産相続体験談をご紹介しましょう。Bさんはご主人と暮らしていましたが、そのご主人が病気のため亡くなりました。

亡くなった後に、ご主人には認知した子供がいることが発覚したのです。Bさんはこの先どのような対応をしたらよいのかわからなくなり、弁護士の先生に相談しました。

このケースでは遺産分割協議を行わなければなりませんが、相続人全員の同意が必要になるため、相続トラブルが起こってしまうでしょう。まずは認知された子供も含めて相続人の調査を弁護士側でお願いしてもらいます。最終的にはBさんとご主人が住んでいた家や土地をBさんがそのまま相続して、預貯金分を認知された子供に渡すということになったのです。認知していることを隠して結婚生活を送っている男性は多く、遺産の話になって隠し子問題などが発覚するケースも少なくありませんよ。

遺産相続の姉妹間での争い

しかし隠し子というマイナー?な状況ではなく、一般的な状況でも争いはつきません。遺産相続の体験談の中でも姉妹や兄弟間によるトラブルが起こることは頻繁にあります。もともと仲が悪かった兄弟だけではなく、以前はとっても仲よしの兄弟や姉妹であっても、お金が関係してくる遺産相続の話になると骨肉の争いのような状況になることがあります。

今回は姉妹間でのトラブルの体験談をご紹介しましょう。Dさんには3つ下の妹がいて、非常に仲の良い姉妹でした。Dさんはご主人の仕事の関係から海外での生活をしており、Dさんのご両親の面倒は近くにすむ妹がみていました。あるとき、Dさんのお父さんが亡くなり、遺産相続の話になった時、妹はDさんに対して、遺産相続を放棄するように言ってきたのです。

その言い分というのが、自分は両親の近所に住んで面倒をみてきたが、姉は何も手伝っていないというのです。Dさんとしてはこんな骨肉の争いが起こるなど考えてもいなかったので、寝耳に水の状態で非常に困惑したそうです。弁護士や税理士の先生に相談しながら裁判を起こすことになってしまいました。

大変です。これだから相続争いというものは怖いのです。

相続税を損しないためには?!

彼女は相続税の話をよくしていた。簡単にまとめると以下のとおり、と言ってしまいたいが、やめとこう、そういう問題ではなかったんだ。なぜなら相続税のトラブルはほとんど・・難しいというか、実は相続税そのものがみんな馴染みがないからだ。相続人も年老いるとパチンコもしないしギャンブルもしない、ただ家で寝てるだけ、時折テレビをつけて、時折田んぼを耕してみる、時折ペットのポチに餌をあげてみる、だとか、そんなことをするのがおじいさんだ、という既製のイメージが有りますが、実は最近は変わってきて、とにかく有効活用といえば、パチンコ三昧だぜ、孫と一緒にバイクのりましやるぜ、そしてあの海岸沿いを走り抜けるのだ、もう絶対絶対走り抜けるのだ、という気持ちでいっぱいのお爺さんがいるとかいないとか。まあどっちにしろ有効活用はできてはいやしない。だから贈与税の特例があるとかどこぞで聞いてきてパチンコをやめるパターンが有る。

まあそれならそれでいいかなと思う孫はにんまり顔。自分が生きているうちに孫や子供に生前贈与でもしようかなあと言い出すのも悪くはない。

【資産を渡すのであれば有効に使ってもらえるうちに渡そう】
日本の平均寿命は80歳を超えており、って突然なにをいうのか、そんなデータほんとにあるのか、お前は実際じじいとあったのかと言いたいが、実は国が寿命を数えてくれているらしい。だからじいさんがじいさんに相続というのが増えているという話。例えば85歳か90才で相続問題が起こった場合、子供は60歳前後で、孫は40歳前後で・・・その先は省略するが、子育てもひと段落して、住宅ローンも払い終えて、あとはパチンコ三昧をやめようかなという人が多いわけです。そのためせっかく財産を相続しても、有効的に資産を活用することができないというのが税理士の言い方だったりするのですが、大きなお世話サマーですよねえ、ちょっとそこは怒りそうですよ、怒りっぽい人なら。けどやっぱり有効に使いたいという方のほうがおおいので、まああの特例を使っちゃうわけです。

【贈与税の特例とは?!】
贈与税は1年間にどこぞのお姉さんやお兄さんからもらったお金の合計額から、基礎控除額を差し引いた額に対して発生することは、もう常識と言っても過言ではありませんよね。つまり110万円以下の金額であれば贈与税はかからないのです。だから贈与税の申告は不要になります。この制度は誰に対する(え?生まれていない赤ちゃんでも?ほんまかいな?そこは専門家に聞いて欲しいですが)贈与でもOKですので、子供だけではなく孫に対する贈与もオッケーオッケー。また赤の他人でも関係ありません。

【相続時精算課税制度とは?】
相続時精算課税制度というのがあります。書類を提出することによって2500万円までの贈与に対して贈与税がかからない法律です。え??なにそれ。そんなのあるの。私知らなかったわと近所迷惑をいつもしているケタケタおばさんもびっくりです。代わりに相続の時に相続税の対象として計算することになります。

結局は相続する時にせなあかんのかい!とツッコミが入りそうですが、相続税より贈与税のほうが高いんですよ、相続税で計算してもらえるのに相続が起きる前に財産を移すことができるという点がメリットです、ぜひ調べておくれ。相続税に関して分からないという人は相続税に詳しい弁護士に相談するとよいでしょう。できるだけ税金としてとられずに効率よく、賢く贈与していきたいですね。というわけでそんなことを彼女がいってたんだが、その時の私には彼女のいってることはよくわからなかった。めまいと強風が吹き荒れていたからだ(かっこよく〆る)