遺産と聞くとプラスでお金がもらえるというイメージが強いのですが、財産には正の財産だけではなく、負の財産も存在します。つまり借金も相続財産になってしまうのです。亡くなった家族が内緒で借金をしていた場合は、相続人が遺産を分配して相続することになるので、借金も相続人が引きうけることになってしまうのです。相続には相続放棄、限定承認、単純承認という3つの選択をすることができます。相続放棄の場合には借金は引き継がれることはなく、限定承認は正の財産で借金を返せば残りの財産を受け取ることができるでしょう。また単純承認は全額の借金を引き継ぐことになります。相続放棄をする場合には、すべての相続財産を放棄することになりますので、被相続人の死亡がわかってから3か月以内に家庭裁判所へ申し出を行わなければなりません。遺産相続の体験談でも多いのが、相続放棄の手続きを忘れてしまうケースです。きちんと申告をしておかなければなりませんので、手続きに関しては弁護士や税理士に相談するとよいでしょう。

遺産相続を円満に終わらせるためにはプロの専門家に頼むこと

ネットなどには数多くの遺産相続トラブル体験談が掲載されています。遺産相続を円満に終わらせることができる人がいる一方、泥沼化するケースも非常に多いため、できるだけ穏便に遺産相続を決めたいと思う人は多いでしょう。土地、建物、預貯金などの財産を相続する場合、家庭では大きな金額が動く可能性があります。巨大な財産を動かすと、様々なトラブルが起こりやすくなります。未然にトラブルを回避するためには、弁護士や税理士の先生などプロの専門家にきちんと相談することがおすすめです。弁護士や税理士に相談すれば有効なアプローチの仕方もわかりますし、トラブルを回避できるでしょう。遺産相続で困ったときに、どこの弁護士事務所や税理士事務所を訪れればよいのかいまいちわからない人も多いでしょう。そのような場合には、簡単に検索をすることができる日本法規情報のサイトなどを利用すると、効率よく弁護士や税理士探しができるでしょう。遺産相続の相談の内容によっては弁護士ではなくても、司法書士などの資格でも行うことができます。弁護士よりも税理士や行政書士の方が費用的には安くコストパフォーマンスに優れているでしょう。