不動産って難しい

相続トラブルは様々です。兄弟や親族と相続争いを巡って仲違いするケースもあれば、莫大かつ巨大かつ目をひん剥くような相続税、そう、「税金」というやつを支払わなければいけなくなり、甚大な借金を抱えてしまうケースすらあるのです。今回は相続で貧しくなってしまう方について考えてみましょう。特に遺産が不動産だけの場合は、子どもたちにあげることで貧しくなってしまうケースがありますので注意が必要です。

遺産はおじいちゃんのもので、僕みたいな5才の少年には関係ないよと言った彼にも教えたいことのひとつに、有価証券のことがあります。あれが含まれてたら換金しやすいからね、どっか持って行って。といっても、ブックオフではだめですが、それを換金して相続税を支払っても、まあ負担感はありません。余裕です。しかし都市のあの住宅街というか世田谷的な町並みというか、町並みだけが世田谷っぽい片田舎というか、あそこらへんでは自宅のマンションだけがまさに資産で、現金ゼロです、というケースが多いんです。

税金、そうあの川が近くに流れてて、釣りをしているおっちゃんがいる税務署を思い出しますが、ああいう場所に金をもっていって、お国のために税金あげるんよという風に、遺産じゃなくて自分の貯金から出すという塩梅になっちゃうんです(相続税の大小などについてが不動産の評価にかかっていることは、相続 弁護士等で検索するとポータルサイトが出てくるのでそこの情報を見つつ、弁護士にでも聞いておくれやすと京都の人が横のデスクで話してくれました)

また現金がすくない人ってほんとに多いんですよね、うちのカミさんもね、と千葉の男性、千葉の親子三代夏祭り中になると良く言い出すんですが、金ってどこに消えてくでしょうね。国税庁の資料なんてみてても税金のことはよく分かりませんが(頭脳の問題ですが)、申告データ見てるとね、「不動産」が遺産全体の中で大きな割合を占めていることがまるっと分かるんですよ。例えば土地・家屋あわせたら財産全体の50ぱーを占めているという報告もあるんですよね。50ぱーですよ、驚きですね。半分以上が不動産という家庭もあれば、8~9割以上が不動産だというお家もあるといえばあるのです。あるといえばというより実際あるんです。

相続税が科せられるほど遺産がうちにたんまり残る状況でもね、要するにお金持ちなんですけども、受け取る側の状況というやつは一色じゃない、一様ではない、結構バラバラなんです。

自宅を購入したばかりだったりリフォームをしたばかりだったり子供の教育費(これで育児のイライラもたまってしまう)がたくさん必要だとか長期熱海への旅行(箱根でもいいですが)に出かけるなど、大きな資金の需要が発生した時期に遺産相続になるケースもあるのです。

そこに不動産だけ相続して、相続税を支払わなければならなくなってしまうと、納税のためのお金を自分のお金によってまかわなければならなくなります。自分の貯金が不足して貧しい相続パーソンになってしまう恐れがあるので注意しなければなりません。相続税に対する備えも必要になってきているのです。不動産を売却して現金化すればよいと思われるかもしれませんが、不動産売却は周囲の市況に寄って大きく左右されるので非常に大変です。だからそこで大切になってくるのが愛国というキーワードであり「アクト」なのです。

相続税対策は安易に考えてはいけない

2015年1月にあの桜の木の下で彼女とあった日、私は相続税の法律について考えていました。改正という声が、あの木がたくさン並んでいる一本道を背に、昨日書いた書類を片手にもっているところ、大きな轟音とともに聞こえてきて、施行されたわけです。といってもそれは少し大げさに言いすぎかもしれません。しかし私にはそう感じたのです。この改正によって、首都圏どころか石川県のある町役場の前に座っているお兄さんに対してまで、またあるアメリカ人にあんな場所はロシア領にすぎないと暴言が履かれた宗谷岬まで、いたるところで課税対象者が倍増し、嘆きの声があがりタンス預金は悲鳴をあげたのです。

ですから相続税の対策をしなくてはいけないのですが・・・しなくてもいいんですが、もちろん、しかし安易な対策は大きなトラブルを引き起こしてしまうこともあるそうですよ。実はテレビでもやってたことなんですが相続税対策を少しやりかたを間違えてしまうと、親族の間で修羅場の大戦争をおこしてしまい、追徴課税を受けたりすることもあるのです。

じゃあ無申告で。ということにしようかなと思いがちですが、相続税の無申告はばれます。いや、ばれないかも、その点について考えてみましょう。相続税法の改正によって、基礎控除が40パーも引き下げられました。いままでの、既存の法律であればね、いくらだったと思います?。何の理由もなく5000万円の基礎控除があったんです。それに加えて相続人1人あたり1000万円の加算控除があります。例えばわたしと子供2人合わせて3人が相続すると、控除額は8000万円です、大金すぎますね。つまり父親の残した遺産の総額が8000万円以下であれば相続税はかからないのです。ところが!あの叫びが聞こえた瞬間に4800万円という超低額に引き下げられてしまったのです、なんということでしょう。つまり4800万円以上の遺産がある場合は、相続税を支払わなければならないのです。

また住宅を購入する時には、多額の費用がかかります。たとえば、究極を見よだとか、次なるステージへ、とか不思議なキャッチコピーがかかれた住宅広告があるじゃないですか、購入するぞというときに、両親から(すねかじりでもマスオさんでもありません)、最大で1000万円の贈与を受けても、課税されない特例があるんですよ実は。このような特例を利用すれば税金を支払う必要はないのです。しかしまあ当然なんですが手続きが必要で結構面倒なんですよね、と言う言葉が出てきがちですが、そんな言葉は無問題。専門家に電話電話。また贈与税に関しても年あたりで、110万円の基礎控除を受けることができます。贈与税は次回か次々回話します。とにもかくにも対策って大変ですなあと声をあげる、あの女。

プラスとマイナス。法律は相続争いに終止符を

遺産と聞くとプラスでお金がもらえるというイメージが強いのですが、財産には正の財産だけではなく、負の財産も存在します。つまり借金も相続財産になってしまうのです。亡くなった家族が内緒で借金をしていた場合は、相続人が遺産を分配して相続することになるので、借金も相続人が引きうけることになってしまうのです。相続には相続放棄、限定承認、単純承認という3つの選択をすることができます。相続放棄の場合には借金は引き継がれることはなく、限定承認は正の財産で借金を返せば残りの財産を受け取ることができるでしょう。また単純承認は全額の借金を引き継ぐことになります。相続放棄をする場合には、すべての相続財産を放棄することになりますので、被相続人の死亡がわかってから3か月以内に家庭裁判所へ申し出を行わなければなりません。遺産相続の体験談でも多いのが、相続放棄の手続きを忘れてしまうケースです。きちんと申告をしておかなければなりませんので、手続きに関しては弁護士や税理士に相談するとよいでしょう。

遺産相続を円満に終わらせるためにはプロの専門家に頼むこと

ネットなどには数多くの遺産相続トラブル体験談が掲載されています。遺産相続を円満に終わらせることができる人がいる一方、泥沼化するケースも非常に多いため、できるだけ穏便に遺産相続を決めたいと思う人は多いでしょう。土地、建物、預貯金などの財産を相続する場合、家庭では大きな金額が動く可能性があります。巨大な財産を動かすと、様々なトラブルが起こりやすくなります。未然にトラブルを回避するためには、弁護士や税理士の先生などプロの専門家にきちんと相談することがおすすめです。弁護士や税理士に相談すれば有効なアプローチの仕方もわかりますし、トラブルを回避できるでしょう。遺産相続で困ったときに、どこの弁護士事務所や税理士事務所を訪れればよいのかいまいちわからない人も多いでしょう。そのような場合には、簡単に検索をすることができる日本法規情報のサイトなどを利用すると、効率よく弁護士や税理士探しができるでしょう。遺産相続の相談の内容によっては弁護士ではなくても、司法書士などの資格でも行うことができます。弁護士よりも税理士や行政書士の方が費用的には安くコストパフォーマンスに優れているでしょう。

亡くなった後に認知している子供が発覚

遺産相続トラブルは思わぬところで発生することがあります。今回は寝耳の水の出来事だったBさんの遺産相続体験談をご紹介しましょう。Bさんはご主人と暮らしていましたが、そのご主人が病気のため亡くなりました。

亡くなった後に、ご主人には認知した子供がいることが発覚したのです。Bさんはこの先どのような対応をしたらよいのかわからなくなり、弁護士の先生に相談しました。

このケースでは遺産分割協議を行わなければなりませんが、相続人全員の同意が必要になるため、相続トラブルが起こってしまうでしょう。まずは認知された子供も含めて相続人の調査を弁護士側でお願いしてもらいます。最終的にはBさんとご主人が住んでいた家や土地をBさんがそのまま相続して、預貯金分を認知された子供に渡すということになったのです。認知していることを隠して結婚生活を送っている男性は多く、遺産の話になって隠し子問題などが発覚するケースも少なくありませんよ。

遺産相続の姉妹間での争い

しかし隠し子というマイナー?な状況ではなく、一般的な状況でも争いはつきません。遺産相続の体験談の中でも姉妹や兄弟間によるトラブルが起こることは頻繁にあります。もともと仲が悪かった兄弟だけではなく、以前はとっても仲よしの兄弟や姉妹であっても、お金が関係してくる遺産相続の話になると骨肉の争いのような状況になることがあります。

今回は姉妹間でのトラブルの体験談をご紹介しましょう。Dさんには3つ下の妹がいて、非常に仲の良い姉妹でした。Dさんはご主人の仕事の関係から海外での生活をしており、Dさんのご両親の面倒は近くにすむ妹がみていました。あるとき、Dさんのお父さんが亡くなり、遺産相続の話になった時、妹はDさんに対して、遺産相続を放棄するように言ってきたのです。

その言い分というのが、自分は両親の近所に住んで面倒をみてきたが、姉は何も手伝っていないというのです。Dさんとしてはこんな骨肉の争いが起こるなど考えてもいなかったので、寝耳に水の状態で非常に困惑したそうです。弁護士や税理士の先生に相談しながら裁判を起こすことになってしまいました。

大変です。これだから相続争いというものは怖いのです。

相続税を損しないためには?!

彼女は相続税の話をよくしていた。簡単にまとめると以下のとおり、と言ってしまいたいが、やめとこう、そういう問題ではなかったんだ。なぜなら相続税のトラブルはほとんど・・難しいというか、実は相続税そのものがみんな馴染みがないからだ。相続人も年老いるとパチンコもしないしギャンブルもしない、ただ家で寝てるだけ、時折テレビをつけて、時折田んぼを耕してみる、時折ペットのポチに餌をあげてみる、だとか、そんなことをするのがおじいさんだ、という既製のイメージが有りますが、実は最近は変わってきて、とにかく有効活用といえば、パチンコ三昧だぜ、孫と一緒にバイクのりましやるぜ、そしてあの海岸沿いを走り抜けるのだ、もう絶対絶対走り抜けるのだ、という気持ちでいっぱいのお爺さんがいるとかいないとか。まあどっちにしろ有効活用はできてはいやしない。だから贈与税の特例があるとかどこぞで聞いてきてパチンコをやめるパターンが有る。

まあそれならそれでいいかなと思う孫はにんまり顔。自分が生きているうちに孫や子供に生前贈与でもしようかなあと言い出すのも悪くはない。

【資産を渡すのであれば有効に使ってもらえるうちに渡そう】
日本の平均寿命は80歳を超えており、って突然なにをいうのか、そんなデータほんとにあるのか、お前は実際じじいとあったのかと言いたいが、実は国が寿命を数えてくれているらしい。だからじいさんがじいさんに相続というのが増えているという話。例えば85歳か90才で相続問題が起こった場合、子供は60歳前後で、孫は40歳前後で・・・その先は省略するが、子育てもひと段落して、住宅ローンも払い終えて、あとはパチンコ三昧をやめようかなという人が多いわけです。そのためせっかく財産を相続しても、有効的に資産を活用することができないというのが税理士の言い方だったりするのですが、大きなお世話サマーですよねえ、ちょっとそこは怒りそうですよ、怒りっぽい人なら。けどやっぱり有効に使いたいという方のほうがおおいので、まああの特例を使っちゃうわけです。

【贈与税の特例とは?!】
贈与税は1年間にどこぞのお姉さんやお兄さんからもらったお金の合計額から、基礎控除額を差し引いた額に対して発生することは、もう常識と言っても過言ではありませんよね。つまり110万円以下の金額であれば贈与税はかからないのです。だから贈与税の申告は不要になります。この制度は誰に対する(え?生まれていない赤ちゃんでも?ほんまかいな?そこは専門家に聞いて欲しいですが)贈与でもOKですので、子供だけではなく孫に対する贈与もオッケーオッケー。また赤の他人でも関係ありません。

【相続時精算課税制度とは?】
相続時精算課税制度というのがあります。書類を提出することによって2500万円までの贈与に対して贈与税がかからない法律です。え??なにそれ。そんなのあるの。私知らなかったわと近所迷惑をいつもしているケタケタおばさんもびっくりです。代わりに相続の時に相続税の対象として計算することになります。

結局は相続する時にせなあかんのかい!とツッコミが入りそうですが、相続税より贈与税のほうが高いんですよ、相続税で計算してもらえるのに相続が起きる前に財産を移すことができるという点がメリットです、ぜひ調べておくれ。相続税に関して分からないという人は相続税に詳しい弁護士に相談するとよいでしょう。できるだけ税金としてとられずに効率よく、賢く贈与していきたいですね。というわけでそんなことを彼女がいってたんだが、その時の私には彼女のいってることはよくわからなかった。めまいと強風が吹き荒れていたからだ(かっこよく〆る)

バランスは大切か?愛国者との対話

balanceとは?

ロスにいた時パンチを食らった瞬間に意識はなくなった。気が付くと病院だった。そばには日本製のブラックコーヒーの甘さがないものがあった。香りは淹れたてで、豆の粒から何かが湧いてくるようなところがあった。豆の粒を見ていると、といってももうすでに豆の粒はコーヒーの中にはないのでミルか何かですり潰される瞬間を考えるようにしながら、私は桜を思い出していた。桜の樹の下には毛虫がいた。その毛虫をとても嫌がる女性がそばにいた。私の友人であり尊敬すべき相続に詳しく強い弁護士だった。昨今女性の弁護士が増えている。むかしなんかはほんとに少なかった。統計をみてもかなり増えていることが分かる。それでも他の職業に比べればかなり少ない。なんとか女性の権利をカッコとしたものとしたいという人もいるし、なんとなく普通に生活中の人もいる。彼女はどちらかというと普通ではなく愛国者であった。愛国者は普通ではないのか?というご意見もあるかもしれないが、昨今わたしは愛国者だとわざわざいう人は少ない。彼女は1日に1回は私は愛国者だと言っていた。何かにとりつかれるように。なぜそんなことをいうのかと彼女に聞いたことがある。愛国者だから愛国者なのだ。愛国者ではなかったら愛国者ではないのだ、ということだった。確かにそのとおりかもしれない。しかしバランスが大切ではないか?愛国の時もあるしそうじゃないときもあるというか。まだまだひよこちゃんね。彼女はそういった。確かには私はひよこだったと思う。今でもひよこだ。彼女のほうが正しいのかもしれない。

愛国を超えて。すべてを相続せよ。

PATRIOT ACTは終わらない。

私が靖国神社の桜を始めてみたのは3才10ヶ月の時だった。母親が背負って私は飴をなめていた。そして数十年の月日が立ち、アメリカの同時多発テロがあった。あの日、私はロスにいて桜を見ていた。しかし桜といってもただの桜ではないヤクザの背中に描かれた桜吹雪の刺青だった。あの刺青を見た日意識を失った。外ではビルに飛行機がツッコミ、私の顔にはヤクザのパンチが食い込んだ。そしてブッシュがテロリズムの定義を拡大したあの例の法案ができたというわけだ。しかしさらに年月は立ってしまった。今はオバマの時代でトランプの時代だ。3才10ヶ月の頃に見た桜は今も目に焼き付いている。そして自称愛国者により私の人生が変えられてしまったのもよくよく覚えている。私が法律の専門家になったすべてのきっかけが今思い出される。

今、話題のテーマとして成年後見というのがある。意味はここで細かく語らないが、愛国を語る上で欠かせないテーマと言えるだろう。なぜなら、年寄りを愛さない国は愛がないからだ。どこの国か果たして分かるだろうか?実はわたしはわかっていなかった。島国である日本に閉じこもっていたからだ。学生の頃、人生に悩んだことがあった。すべてが虚しく見え、現実と虚構の境がわからなくなった。あの日は風がふいていた。なまぬるい風だった。木陰で休んでいるとある男が近づいてきた。髪型は金髪、手にはペットの犬の紐を握っていた。そしてその背景として桜があった。いつも大事なとき、私の目には桜があった。忘れもしない中学生活最後の日、友人と殴りあったところが桜の木の下だった。私は泣いて帰った。まるで3才10ヶ月のころとなんら私は変わらなかった。あれ以来友人とはあっていない。いつか会えるだろうとは思うのだが。

このブログでは少し相続の話をしたいと思う。しかしなぜかくも桜、桜、桜なのか。